コンビとしての概略と略歴

| クワバタオハラ

持ちネタは主に漫才で、テレビ上はくわばたりえが何かの拍子に有名俳優との妄想に浸り、それを小原正子が突っ込む(時として飛び蹴りなどがかまされることもある)というタイプのネタが中心。一方、ライブ活動においては「客がドン引き」して静まりかえる程のエグイ下ネタを連発するという。

* 2000年1月、コンビ結成。
* 2000年3月、ホリプロお笑いライブにてデビュー。
* 2000年3月から2002年3月の2年間、2人は同居していた。
* 2000年10月、小原正子がオーディションに合格し「伊集院光 日曜日の秘密基地」のアシスタントとなり、収録に付いて来たくわばたりえも初回から毎週出演することになる。
* 2001年正月に帰省した際、小原正子の実家はいつの間にか引っ越しをしていて、くわばたりえは酒に酔って大量のおねしょをした。
* 2001年4月29日、「伊集院光 日曜日の秘密基地」の「女の戦いスペシャル アシスタント争奪七番勝負」で勝利したくわばたりえがアシスタントを初経験。
* 2003年5月、小原正子のポリープ疑惑(病気療養として番組を休んだが、同時期にニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」の中継先で営業をしていたことが聴取者により発覚)をきっかけに「伊集院光 日曜日の秘密基地」のアシスタントを降板。以降は番組内のコーナーを担当する準レギュラーとなる。
* 2005年7月、ラジオ番組をきっかけに有名ミュージシャンと飲み友達になる。
* 2005年9月10日、「エンタの神様」に初出演。かつてカンニングが同番組でやっていたパフォーマンスに近いことをやる。くわばたが竹山隆範よろしく「おっぱいを出す」などと暴れ回り、それを小原が止めるという、テレビ向けの通常持ちネタとは異なるもの。

* 上記を受け、2005年10月29日の同番組にて、上記の行為に対する多数の苦情があったと明言し謝罪。その苦情の中に、「カンニングの真似をするな」といったものが多数あったらしく、「カンニングとだけは一緒にされたくない、むしろ私たちのほうが先だ」と言っていた。さらにその際、当初は本当に謝っているのか?的な前フリをしたうえでいきなりウィッグを取り坊主頭を披露、これが自分の謝罪の気持ちであるとし、客席からも拍手を受ける。また、この時の小原の驚愕の表情から、坊主にしたことを相方に一切話していなかったことがうかがい知れる。その後、その謝罪が良かったのか、「良くやった」と言う激励の言葉をもらうことになる。


* 2005年11月26日の放送で、カンニング竹山が、褒め称えた。
* 2006年5月6日、「エンタの神様」にて、ネタ・コントをやらず、カンニング竹山のような「発表スタイル」で、小原のプライベート写真を無断公開されるという嫌がらせを受けていると発言。本人たちの弁によれば、写真はベッドでシーツにくるまった小原の姿が写ったもので、過去にベッドと共にした相手が撮影したものと思われるが、誰かは特定できないとのこと。

* 最後には、写真に対抗すべく、くわばたが小原のセクシーショットを撮影して公開すると発言。ネタともガチとも取れない非常に中途半端なトークであったため、放送直後から本人たちが運営するBBSには、番組内で取り上げる必要性を疑問視した視聴者を中心に、非難・批判・中傷を中心とした書き込みが殺到している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ふぅみん at 18:55 | クワバタオハラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。